労働許可書取得代行サービス

労働許可書取得代行サービスの内容

タイでビジネスをするためにはビザ関係では2つの重要な実施事項があります。

一つが就労ビザ(Bビザ)の取得でもう一つが労働許可書(ワークパーミット)の取得です。
就労ビザはビジネスをするためにタイに滞在するための許可であり、タイでビジネスをして収入を得るために必要な許可とお考えいただければと思います。

まず実施するべきことは就労ビザ(Bビザ)の取得です。
タイ国内での切替もできますし、日本を含むタイ国外のタイ大使館で行なうこともできます。弊社の就労ビザ取得代行サービスは両方のケースに対応しておりますので、お客様のご都合に合わせて手続きを行うことができます。

就労ビザ(Bビザ)に切替えますと、まず3ヶ月スタンプを取得できるので、その間にワークパーミットの取得を行ないます。取得代行サービスにより、労働許可書(ワークパーミット)を取得することで、さらに1年間の労働許可書を取得できます。
その後、就労ビザ(Bビザ)の切替から3ヶ月が過ぎようとするころに、就労ビザ(Bビザ)の更新を行ないます。

1回目の更新では1ヶ月のスタンプを取得します。
2回目の更新では11ヶ月のスタンプを取得します。

労働許可書取得代行サービスの補足

タイでは会社の資本金により取得可能な労働許可書の枚数が規定されています。

資本金 200万バーツ 1人
400万バーツ 2人
600万バーツ 3人
800万バーツ 4人

また日本人一人を雇用するためにタイ人を4人雇用することが義務付けられています。

労働許可書取得代行費用

弊社では労働許可書取得代行の費用算出にあたり、コンサルティング的な要素を多く含むためお客様との事前のお打合せを必要と考えております。
まずはお気軽に弊社までお問い合わせ下さい。お問い合わせ