住居の紹介

未分類

タイでビジネスをする際は、住居の情報を最初に抑える必要があります。

タイの赴任が「単身」と「家族」で考慮しなくてはならない事項が異なります。
特に家族での赴任では、配偶者と子供のタイ生活をイメージした住居選択が大切です。

そのため、下記の情報を参考に住居についてご検討ください。

タイに住む日本人の住居事情

家族が同伴の場合、ほとんどの方はスクムビットエリアの住居を選びます。
その理由として大きなものは、以下になります。

  • セキュリティのしっかりした住居が多い。
  • 既に多くの日本人が住んでいるので安心。
  • 学校の送迎バスが通える範囲である。
  • 周辺で日本人の友人を作りやすい。
  • 日本の食材が手に入り易い。
  • 日本食レストランが多い。

タイに住む日本人の多くは、コンドミニアムかサービスアパートを住居として選びます。

タイのコンドミニアムは、基本的に家具が備え付け。
電化製品の備品は物件により異なるため、事前に確認しておくべきでしょう。

なかなか日本では見られませんが、タイはプールやジムのある住居がたくさんあります。
広さや利用時間帯が物件により異なりますので、こちらも事前に確認しておいた方が良いでしょう。

タイ・バンコクのマンションは、建設ラッシュというに相応しいほど多くの新築マンションが相次いで完成しています。

タイの物価を考えるとマンションも安く手に入ると考えがちですが、スクムビットエリアは中心地。
そのため、タイの中でもこの地区の住居は部屋の広さの割りに高めの値段設定がされています。

バンコクの家賃相場

■家族向け3ベットルーム → 5万~10万バーツ
家族でタイに移住の場合、スクムビットエリアの住居がおすすめです。
単身の場合だと選択の幅は広がり、例えばスクムビットを通るスカイトレイン (BTS) から地下鉄路線 (MRT) に乗換えてラチャダー方面にするのも、家賃を抑えられ良いでしょう。
■ラチャダー方面 単身者向け1ベットルーム → 1万~2万バーツ
ラチャダー方面の物件の近くは、エスプラナード (ショッピングモール) やジャスコ、ロビンソン (ローカル系デパート) 、BigC (ローカル大型スーパー) があり、タイ生活をする上でそれほど不便を感じることはないかと思います。
また、2011年にBTSスクムビット線の駅が増加・開通したことで中心部以外にも多くのコンドミニアムが建設。
タイの中でも日本人が多く住むプロンポン駅~エカマイ駅に続くプラカノン駅、オンヌット駅周辺には単身者向けのコンドミニアムやアパートが多く、このエリアに移住する日本人単身者が最近増えてきています。
■プラカノン・オンヌットエリア 単身者向け1ベットルーム → 1万~2万バーツ
オンヌット駅には駅直結のテスコロータス (ローカル大型スーパー) 、BigCがあるので生活に便利です。
またプラカノン駅にも、駅のすぐ下にマックスバリューがあります。
どちらも帰りがけに食材・生活用品などの買い物ができるので、快適に生活できるでしょう。
加えて、最寄駅から3,4駅で日本人が多く住むエリアにアクセスできるので、電車での移動が苦ではない人にとって好立地なエリアなのではないでしょうか。
一般の不動産屋さんでは手数料の低いこれらの物件を紹介することを躊躇いがちですが、弊社は単身者のための住居もご用意しております。

住居紹介費用

弊社のタイでの住居紹介サービスではお客様のご予算に合わせた提案・紹介が可能となっております。

立地や契約期間によって費用が変わるためお客様との事前のお打合せを必要と考えております。

費用を含め、まずはお気軽に弊社までお問い合わせくださいませ。

お問い合わせはこちら

タイトルとURLをコピーしました