オフィス物件の紹介

未分類

現在、タイには数多くの日系企業が進出してきています。
それと同時に、バンコクはもちろんのこと、工業地域や地方都市でオフィス建設ラッシュが年々増加しております。

そんななか、オフィスをお探し中の企業様に向けて、弊社ではお客様のニーズに合うオフィスをご紹介します。

日本と同じく、リーマンショック以降は賃貸料が下落傾向にあったタイ。
リーマンショック以前に竣工した大型新築ビルは空室率の目立つ状態が続き、企業では賃貸面積を縮小する動きが活発化していました。

しかし2011年以降は、これらの動きに底打ち観が見えています。
2016年に入った現在でもバンコク中心部のビルには、入居スペースが多く残されています。

また、ここ5年以内にはバンコク市内だけで10棟を超す新たなオフィスビルが施行され、現在もその数を伸ばしております。
そのような状況下のため、2016年以降でも低価格かつ良い立地で契約できるチャンスがあると言えるかも知れません。

タイのオフィス賃料に関する相場観

オフィスの相場ですが、タイの首都でありタイ経済の中心でもあるバンコクに焦点を当て、ご説明を致します。

バンコクの「スクムビット」および「シーロム」という場所は、過密地帯かつ東京でいう大手町に相当するため、相場は600~700バーツ/平米です。

中心地から少し離れると、駅近でビジネスに至極便利な場所の相場は500~600バーツ/平米となっています。

スモールスタートに最適なオフィス

弊社のオフィス探しでは、スモールスタートに最適な物件を紹介しております。

スモールスタートに最適ということで、上述しました駅近でビジネスに至極便利な相場が「500~600バーツ/平米」のオフィスをおすすめしております。

平米単価だけでなく平米数も重要ですが、タイでは比較的広く30平米以上というのが一般的。

スタートアップに最適な20平米以下という場所は少ないのですが、弊社では20平米以下のオフィス物件を中心にご提案を致します。

オフィス物件紹介費用

弊社のオフィス物件紹介サービスでは、お客様のご予算に合わせた提案や紹介が可能となっております。

立地や契約期間によって費用が変わるためお客様との事前のお打合せを必要と考えております。

費用を含め、まずはお気軽に弊社までお問い合わせくださいませ。

お問い合わせはこちら

タイトルとURLをコピーしました